MENU

膵臓の機能を高めるために効果的なツボは

古くから病気の治療や健康増進に効果的だと言われているツボ押し。

 

ツボによって繋がっている臓器等がありますので、押すと痛い場所があれば、
そのツボが対応する臓器が弱っているなというのが分かるので、
大事に至る前に対策を打つこともできますので便利です。

 

このページでは手と足にある膵臓に良いツボを紹介します。
これらのツボを毎日押して、膵臓の機能を高めましょう。

 

---スポンサード リンク---

膵臓に良い手のツボ

膵臓のツボ

手の平にある膵臓のツボは図の黒丸の位置になります。両手にあるのではなく、左手だけなので注意してください。手の平の中心から小指側に真横にずらして、薬指と小指の骨の間のあたりです。

 

図が小さくて見にくいかと思うのですが、黒丸で囲んである場所には「脾臓(ひぞう)」と書いてありますが大丈夫です。東洋医学でいう脾臓は、脾臓と膵臓を含めたものであるというのが有力な説で、実際にこのツボを押すことで、膵臓系の病気の改善もみられるんだそうです。

 

ちょっとエリアが狭いので、自分が押している場所で良いのか不安になる人もいるかもしれません。なかなか素人が正しいツボを一発で探すのも難しいですよね。なので、だいたいこのあたりをほんの少しずつズラしながら押せば良いと思います。

 

膵臓に良い足のツボ

膵臓のツボ

足にある膵臓のツボは両足の土踏まずの内側(親指側)。図の黒丸の位置になります。

 

このツボも素人にはピンポイントでは分かりにくいものかと思いますので、土踏まずの内側部分を上下に指を少しずつズラしながら押していきましょう。

 

両足ともに膵臓のツボを上に行き過ぎれば胃、下に行き過ぎれば十二指腸のツボになっています。このあたりのエリアを押すことで、ついでにそれらの臓器も元気にしていきましょう。

 

 

もし、これらの膵臓のツボを押すと痛い場合は、膵臓が疲れて弱っている状態です。膵臓の機能が低下してしまうと、健康上かなり大きな影響を及ぼしてしまいます。

 

そのままツボ押しを毎日続けるのと合わせて、食べ過ぎに注意したり、
消化に良いものを中心に食べるなどして、膵臓への負担を減らすよう注意していきましょう。

 

---スポンサード リンク---