MENU

膵臓の機能と糖尿病との関係

膵臓と糖尿病。この2つ、一見すると全く関係のないもの同士に見えますね。
しかし、実は深い関係があるものなのです。ここでは膵臓と糖尿病の関係について、お話していきたいと思います。

膵臓は糖尿病を予防してくれている臓器

膵臓の主要な働きは、消化酵素を分泌することです。
この消化酵素がないと、食べ物の消化吸収を行うことができません。
膵臓が消化酵素を分泌してくれているからこそ、私たちは食べ物の消化吸収を効率よく行い、
生命活動を行っていくことができているのです。

 

そして、膵臓にはもう1つの働きがあります。
それが、インスリンを分泌して血糖値を調節するというものです。

 

血液中の血糖値が高くなりすぎると、糖尿病に繋がってしまいます。
インスリンには、血糖値を低下させる働きがあるため、膵臓がインスリンを分泌することで糖尿病を予防してくれているのです。

 

⇒おすすめの血糖値対策サプリはこちらから

血糖値を下げられるホルモンはインスリンだけ?

私たちの体内には、様々なホルモンが存在しています。
その中でも、血糖値を低下させる働きを持っているホルモンはインスリンだけなのです。
そのため、インスリンの分泌量が低下してしまうと、血糖値を低下させるものが何もなくなってしまいます。
その結果、糖尿病にもなりやすくなってしまうのです。

糖尿病に突然なったり、症状が悪化したりしたら…

膵臓は糖尿病と非常に深い関係を持つ臓器であるということ、お分かりいただけたでしょう。
つまり、特に原因となることがないのに突然糖尿病になってしまったり、
元々糖尿病にかかっていた人の症状が突然悪化したりした場合、
膵臓に何らかの異変が起きている可能性が高いです。
このような場合は、早めに専門の医師による診察を受けるようにしましょう。

 

特に膵臓ガンなどは、初期段階では目立った症状が出にくいです。
そのため、気にせずに放置してしまう人も少なくありません。
しかし、その結果膵臓ガンの発見が遅れて、気付いた時には手の施しようがなかった…というケースも多いのです。

 

そのような結果を招かないようにするためにも、ちょっとでもおかしいなと感じたら、早めに病院で診察を受けるようにしてください。

インスリンの分泌を低下させないためにも、日頃から膵臓の健康維持を

アルコールの過剰摂取や、生活習慣の乱れによって膵臓に負担がかかってしまうと、その機能はどんどん低下してしまいます。
膵臓の機能が低下すると、当然インスリンの分泌量も低下するため、糖尿病になりやすい体となってしまうのです。

 

糖尿病は一度かかってしまうと、生涯付き合っていかなければならないもの。
食事制限などもしなければならない上に、他の病気を併発する恐れもあるため非常に大変です。

 

そこで、インスリンの分泌が低下してしまわないようにするためにも、自分で意識して膵臓の健康維持をしていきましょう。
膵臓に良いとされている栄養素、タウリンや亜鉛などを積極的に摂取するのも良いですし、
アルコールの摂取量を控えてみるのもおすすめです。

 

また、生活習慣が乱れがちになっている人は、一度自分の生活習慣を見直して、
改善できるところから少しずつ改善していくようにしてみましょう。

 

ちなみに、膵臓に良いと言われている栄養素、タウリンと亜鉛は牡蠣に多く含まれています。
しかし、毎日のように牡蠣を食事に取り入れていくのは、困難なことこの上ないでしょう。

 

そこでおすすめなのが、サプリメント。
牡蠣エキスが配合されたサプリメントなら、誰でも簡単に亜鉛やタウリンを効率よく補給できますし、
毎日続けていくのも苦じゃありません。また、牡蠣が苦手な人でも、栄養素を摂取できるのです。

 

糖尿病予防のためにも、今日から膵臓のことを考えた生活を意識してみてはいかがでしょうか?

 

⇒おすすめの牡蠣サプリはこちらから

 

 

このように、膵臓と糖尿病は非常に深い関係を持っています。
血糖値が気になっている人や、糖尿病の症状が悪化している人は、知らない間に膵臓がダメージを受けているのかもしれないです。
早めに対策を考えて、膵臓ガンなどにならないよう、気をつけていきましょう。

 

燃焼で血糖値を下げるサプリ「糖ダウン」

 

---スポンサード リンク---